BLOG:ブログ一覧

新建築「住宅特集」2010.10 掲載

メディア掲載

「OKA MASAKAZU HOUSE」 元良信彦/モトラデザインスタジオ

軽井沢の繁華街からほど近い別荘地。きれいに手入れされた敷地の中に、真新しい板貼りの山荘は佇んでいた。庭を挟んだ向かいに母屋も控えめに建っている。元良さんはこの改修工事にあたって、竣工してから76年の間にまるで別の建物のように改造されていた箇所を取り除き、建主ご家族が軽井沢での山荘生活を満喫できるように行き届いた設計をされている。ご自身は黒子に徹して、アントニン・レーモンドの設計が生かされている。この姿勢こそが歴史的建造物修理の基本精神であり、すばらしい改修設計になっているゆえんだと思う。

生コン工場調査 /A邸

A邸 , 建築

コンクリートの建物を作る場合、練り水の少ない、粗骨材の多い硬い生コンクリートを緻密に打設することが大切です。
私共はひび割れのないコンクリートの研究と打設に実績のある総合コンクリートサービスの岩瀬文夫さんにご指導いただき、長寿命のコンクリートの打設に取り組んでいます。

新建築「住宅特集」2010.09 掲載

メディア掲載

歴史のある建物の改修

建物が100年近く生き続ける間にはいろいろなことが起こります。それらの障害を乗り越えて幸運にも残ることができた建物は、先人の知恵や思想を学び、実感できる数少ない遺産です。特に子供達は古い家を訪れることによって,現代の家にはない歴史を肌で感じて様々なメッセージを受け取り、人格形成にも影響を受けるのではないかと思っています。

新建築「住宅特集」2010.08 掲載

メディア掲載

「守谷の家」 伊礼智設計室

東京近郊につくられた新しい住宅地に、住宅メーカーの商品化住宅がびっしり建ち並んでおり、その中にひときわ低い「守谷の家」がひっそり佇んでいる。外に対して友好的な塀の高さは中が見えるくらいに抑えられ、周囲に威圧感を与えない。道路と反対側の敷地は緑道に面し、建主さんと行き交う人の間で挨拶が交わされ、なるほどこの地域ならでは、と思わせる。

新建築「住宅特集」2010.07 掲載

メディア掲載

環境を自然とつながる家から考える

6月号の特集「環境への視線-熱・光・音etc.の設計手法」における作品はそれぞれに真摯に環境について取り組んでおられました。「T博士の家」はコンクリート造であることと、緑がないことを認識して、多くの環境への配慮をしっかり行い、環境実験住宅には見えない美しい家であり、素晴らしいと思います

新建築「住宅特集」2010.06 掲載

メディア掲載

「聖居」 椎名英三建築設計事務所

真っ青な空に若葉の萌える伊豆高原はツツジの花が咲き乱れ、風光明媚というにふさわしい。桜並木を進み、坂を上ると「聖居」は斜面の片隅に、地面すれすれに浮かんで佇んでいる。ファサードは正方形で、屋根はふわりと載せられているため控えめに在る。敷地は崖状になっていて、建物は斜面の底に埋もれるかのようにはめ込まれている。

新建築「住宅特集」2010.05 掲載

メディア掲載

新しい家族関係とは?

4月号の特集「風景と光の受け止め方」は窓や開口部を人の行為と関係する境界面のあり方として見る切口、そして特集記事「室内窓が生み出す住空間」で室内窓を新しい家族関係の創出と豊かな空間や環境の実現に対する有力な手法のひとつとする位置付けは非常に興味深いものだった。

登録文化財畑田家住宅での催し

建築

学校が春休みになる3月に大阪府羽曳野市郡戸の登録文化財「畑田家住宅」で、小、中、高校生を対象に毎年「畑田塾」が開かれ、今年で12回目になりました。 今年は「クモの糸の不思議」奈良県立医科大学教授 大崎茂芳先生と「畑田家を探検してみよう」当主 畑田耕一先生と私でした。 講義はもちろ …

新建築「住宅特集」2010.04 掲載

メディア掲載

「南が丘の山荘」 益子義弘/益子アトリエ
誌上で拝見している時から、益子さんの住宅には「心のやすらぎ」が感じられた。この空間に居るときっと心が穏やかになるのではないか、それはどうしてなのだろうか、と以前から思っていた。幸運にも「南が丘の山荘」を訪れる機会を得た。
敷地に近付くとカラマツの林の中に格子の美しい妻面が現れ、玄関は何気なく建物に取り付いている。廊下から広間に入るとスクッとカラマツが立ち並ぶ雪景色が目の前に広がる。きれいだ。

新建築「住宅特集」2010.03 掲載

メディア掲載

国産材を見直す
このたびの「木の住空間2010」は木のさまざまな使い方による住空間が提案され、木には多くの可能性があることを教えられた。特に「流星庵」は全て90㎜角の製材の木組みにより、美しく心地のよい住空間がつくられている。ルーバー状のフレームは使い方によっては室内に露出しすぎてうるさい感じになるが、この住宅は、玄関から浴室までの廊下を含んだ空間に限定され、バランスの良い配置になっている。天井下と床上に柱が露出するスリット状の開口部を持つ耐力壁「貫仕様構造用合板張り真壁」もまた名解答である。

新建築「住宅特集」2010.02 掲載

メディア掲載

Steel Truss を訪ねて 木村博昭+Ks Architects
「Steel Truss」は私にとって、とてもインパクトのある建物だ。鉄に対する私の既成概念をことごとく打ち砕いてくれたように思う。見学前に読んだ本誌の記事に「鉄はエッフェル塔に代表されたように、その美しさはレース模様の意匠と構造の一体性」とあったが、意匠と構造の一体性にまで理解が及ぶ以前に「エッフェル塔のレース模様の意匠」という時点で理解しがたかったが、見学した今はエッフェル塔のレース模様に肯けるから不思議である。

新建築「住宅特集」2010.01 掲載

メディア掲載

「住宅風景の転換」を読んで
「住宅風景の転換 家や暮らしが変わるとき」は興味深い特集でした。歴史上、日本の住宅は何をきっかけに、どのように変化したのかが建築史家によって、それぞれに述べられていました。内田青藏さんの「住まいそのものにも接客機能を排除した『家族だけの住まい』のひずみが現れ始めているように思う」、小沢朝江さんの「『接客』という行為は、家族が社会に対して開くこと、社会を招き入れることを意味する。住宅が社会的存在であり得るために、現代の『接客』のあり方とその空間が問われている」という話は非常に的を射た指摘でした。

新建築「住宅特集」2009.12 掲載

メディア掲載

「STONE TERRACE」をたずねて 土井一秀建築設計事務所
丘のような山の斜面で、「STONE TERRACE」は美しい風景となっていた。
広島市街を車で抜けると小高い山が次々と現れ、一時間ほど走ると石州瓦の屋根の民家が点在する。田圃の畦道より少し広い道を進むと、棚田の石積みが美しく並んでいる。結構急な斜面で、石積みの高さは高い。棚田の中腹には歴史を感じさせる母屋があり、その少し下に片流れの屋根をもつ、「STONE TERRACE」が埋め込まれていた。

新建築「住宅特集」2009.11 掲載

メディア掲載

キッチンと食卓
2009.10月号の特集「地域性と家」は、記事も作品も読み応えがありました。特にメールディスカッションは興味深く、参加者の方の選定もよかったこともあり、いろいろな地域での建築家の掘り下げた考えが述べられていて、地域性に応える住宅のあり方が浮き彫りになっていました。濱田修さんの「地域性を取り入れるためには、気候に向き合い建築的な方法で対応することが必要で、そうすると形態に特徴が生まれ、地域性がよいかたちで現れる。」「住宅が地域社会に影響を及ぼせるのは、取り次ぎ動線を含めた配置とエクステリアです。・・・敷地の狭い都市部においても、何がしかの試みをしていくべきで、そのことがさまざまな社会問題の根源にある、人間関係の希薄さを解消することにつながるのではないでしょうか。・・」という意見が印象に残りました。

新建築「住宅特集」2009.10 掲載

メディア掲載

「鴬案」をたずねて 古谷 誠章/NASCA
公園の奥の道路を隔てた敷地に、庭の木立に隠れるようにして、本当に小さく「鴬庵」が佇んでいた。庭の樹木を眺めながら玄関に近付くと、記事にあった框のないガラス面に見える玄関扉がある。中に入ると壁面に映ったトップライトの美しい光が陽炎のようにゆらゆら揺れて出迎えてくれた。室内はゆったりしたほどよい大きさの空間で、作者の意図通り外観から想像するよりずっと大きく思える。

新建築「住宅特集」2009.09 掲載

メディア掲載

伝統構法について
もう十四年も前のことになりましたが、阪神・淡路大震災の日、自宅で被災しました。私の家と隣のプレハブ住宅以外周囲には大正十二年頃に借家として建てられた日本家屋が建ち並んでいました。プレハブ住宅は階段がはずれて50㎝程床が傾き、古い家屋は壁が傾き一部屋根が潰れたところもありましたが、亡くなった方はおられませんでした。

新建築「住宅特集」2009.08 掲載

メディア掲載

「愛宕の山荘」をたずねて 武富 恭美/d/dt Arch.
軽井沢銀座からほど近いところに車が一台がやっと通れるほどの小道がある。両側に積まれた石は苔むしており、別荘が点在している。その中のひとつ、木立の中に美しく佇むのが「愛宕の山荘」である。隣家が気にならないように、また木立と苔の美しい庭を部屋から眺められ、斜め向かいの家の庭越しに離山を望めるように、建物は少し道路側に振って敷地奥に配置されている。

新建築「住宅特集」2009.07 掲載

メディア掲載

住宅の内と外
以前建主さんから「これからは防犯住宅が主流になりますよ」と言われたことがあります。この方は風光明媚な土地で、コンクリート造で窓には防犯のための鉄格子を望まれましたが、私にはそのような家はどうしても設計できませんでした。確かに防犯性能など安全に対する備えは必要ですが、あまりに過剰なのはどうか、と思ってしまいます。どこまでが適度で、どこからが過剰かという判断が人によって千差万別だとしても、やはりそう思うのです。

新建築「住宅特集」2009.06 掲載

メディア掲載

「楓燕居」をたずねて 川口通正建築研究所
「囲まれすぎない外部の気持ち良い空間をどうつくり込むか」という自らのテーマに川口さんは見事にこたえ、それ以上の、五感に心地よい空間を生み出した。家全体が中庭を中心に見事なハーモニーを奏でている。

新建築「住宅特集」2009.05 掲載

メディア掲載

家族のあり方と住宅について思うこと
情報化社会といわれる中で、たくさんの情報にさらされ、それを上手に選択することが大切ですが、私の場合、つい自分の好みにあった情報で身の回りを固め、少ない情報の中で生きているように思います。そして難しい論理が苦手な人間が時評することは的外れになりそうですが、「新建築 住宅特集」を毎号読む中から気になる事柄を見付け出し、それらに触れていきたいと思います。